◆天然石、鉱物結晶、鉱物標本、原石のオンラインショップ 「クリスタルワークス」         

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
アメシスト(紫水晶)

Amethyst

もっとも一般的な鉱物グループ、クオーツ(水晶)グループの中でも紫色のクオーツをアメシストと呼びます。紫色の色因は水晶に含まれる不純物である鉄(Fe)の影響といわれていますが、熱処理や照射処理によって色を濃くしたり、黄色や緑色に変えたりすることも出来る為、ビーズや裸石などの加工品にはそのような処理を施して色を変えたものも見られます。また、古代ギリシャではアメシストは酩酊防止効果があると信じられていました、これはギリシャ神話の実りとワインの神ディオニソスと女神ダイアナに忠誠を誓うアメシストの物語に由来します。このことから、ギリシャ語の「酔っていない」という意味の「amethustos」にちなんで名づけられました。またキリスト教では「司教の石」として指輪などに用いられた歴史があるので、古くからこの石が人類との係わり合いをもっていたことが伺えます。現在アメシストは2月の誕生石としても知られています。

 

       巨大なアメシストジオード(ポケット)

〜性質〜

 

 

英名  アメシスト

和名 紫水晶(むらさきすいしょう)

分類  珪酸塩(テクト珪酸塩鉱物)

組成  SiO2

結晶形 三方晶系(六方晶系)

晶癖 柱状、潜晶質集合体

硬度 7

屈折率  1.544〜1.553

比重 2.64〜2.69

劈開 無し

断口 貝殻状

光沢  ガラス光沢

条痕色 白色

透明度 透明〜透明

蛍光  通常不活性

色 紫色、赤紫色

主産国  ブラジル、アメリカ、ドイツ、ボツワナなど

類似石  アイオライト、タンザナイト、スカポライト(スキャポライト)など

取り扱い注意点   アメシストのなかには光により退色する場合があります

商品一覧