◆天然石、鉱物結晶、鉱物標本、原石のオンラインショップ 「クリスタルワークス」         

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
アパタイト(燐灰石)

Apatite

アパタイトとはいくつかの元素が互いに置換している一連の鉱石のグルー名です。なのでアパタイトといっても組成の違うものが存在します、通常アパタイトといえばフルオロアパタイト(弗素燐灰石)をさします。名前の由来は、ごまかし、策略を意味するギリシア語のApateに由来します。アパタイトは動物の骨や歯の主成分であり、我々の骨や歯もこれらの成分から出来ています。歯磨き粉などに含まれるハイドロキシアパタイト(水酸燐灰石)と聞いてピンと来る方もいるかもしれません。アパタイトの中にはシャトヤンシー効果を示すキャッツアイアパタイト(とくにタンザニア産が有名)もあり、緑色のものはモロキサイトとも呼ばれ色因は希土類元素によるものです。日本でも栃木県や神奈川県でも産出します。

     

 

 

〜性質〜

 

 

英名  アパタイト

和名 燐灰石(りんかいせき)

分類  燐酸塩鉱物

組成  Ca5(Po4)3(F,OH,Cl)

結晶形 六方晶系、単斜晶系

晶癖 六角柱状、板状

硬度 5

屈折率  1.634〜1.638

比重 3.13〜3.23

劈開 2方向不明瞭

断口 貝殻状〜不規則

光沢  ガラス光沢

条痕色 白色

透明度 透明

蛍光  不活性〜強(黄、青、緑、紫)

色 黄色、緑色、青色、無色、ピンクなど

主産国  ブラジル、メキシコ、カナダ、ミャンマーなど

類似石  ベリル、トパーズ、トルマリンなど

取り扱い注意点   ピンク色のものは光による退色のおそれ有り

商品一覧