◆天然石、鉱物結晶、鉱物標本、原石のオンラインショップ 「クリスタルワークス」         

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
パイライト(黄鉄鉱)

Pyrite       

金に似た外見から「愚か者の金」(Fool's Gold)として有名なパイライトですが金に比べて非常に硬く、古くは火打石として人々に親しまれた鉱物です。以前、ヨーロッパアルプスのエッツ渓谷の氷河から「アイスマン」というミイラが発見されましたが、持ち物のツリガネタケの繊維からパイライトの粉が付着していた為、かなり古い時代よりパイライトが火打石(発火剤)として使われていた事が判明されたました。名前の由来もギリシャ語の「火」を意味する「Pry」に由来しています。しかし金と違って劣化しやすく、産出してから数十年すると空気中の水分と結晶中の液体保有分で、形がくずれてしまう場合があります。私も以前保管しておいたパイライトサンが知らない間に粉々に割れてしまっていた、という苦い経験があります。また南米ペルーではインカ帝国の人々がパイライトを鏡として利用していたともいわれています。日本では以前、新潟県の赤谷鉱山や岩手県の仙人鉱山からは「菱形」の結晶が産出され、その珍しい形から海外へも輸出されました。またパイライトの中にはレインボーに色づくものもあり、特にボルガ川の川底から採取されるものが有名です。この様なパイライトを似せる為に酸化処理によってレインボーに輝かせたパイライトなどもあります。パイライトといえば特にスペインのナバフンから採取されるパイライトが有名で、エッジの利いた立方体のパイライトはまさに自然が作り出した芸術作品です。

 

 

      「愚か者の金」(Fool's Gold)

〜性質〜

 

 

英名  パイライト

和名 黄鉄鉱(おうてっこう)

分類  硫化鉱物

組成  FeS2

結晶形 等軸晶系

晶癖 立方体、5角12面体、集合体

硬度 6〜6.5

屈折率  1.81以上

比重 5.01

劈開 無し

断口 貝殻状

光沢  金属光沢

条痕色 緑黒色〜褐黒色

透明度 不透明

蛍光  不活性

色 真鍮黄色

主産国  アメリカ、スペイン、ペルー、ロシアなど

類似石  スティーブナイト、チャルコパイライト、マーカサイトなど

取り扱い注意点   時間の経過と共に劣化のおそれが有ります、また手の汗などによって錆びる可能性があります

*スペイン、ナバフン採石場の風景写真 http://www.mineraltown.com/photos_minerals/pyrites.php?idioma=2

商品一覧

パイライト
商品番号  PA0068
販売価格  3,500円
税別価格  3,241円